草加市でおすすめ評判の歯医者・草加歯科・矯正歯科クリニックの口コミ・評判

カテゴリ: 口呼吸

睡眠時無呼吸症候群とマウスピース

そろそろ寝苦しい夏になりますね。
みなさん最近よく眠れてますか?
忙しい毎日の中で、どうしても睡眠時間を削ることになり睡眠不足になることありますよね。

睡眠中に息が止まってることがある、といわれたことはありませんか?
よく大きないびきをかいている、といわれたことはありませんか?

20150530_01

そのような症状があるなら、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
日本では200万人以上が 睡眠時無呼吸症候群 だといわれています。

いびきは、睡眠中にのど(気道)が狭くなって、空気が通る時にのどが振動して音が鳴る状態です。
無呼吸とは、10秒以上呼吸が止まってしまうことをいいます。
睡眠中に、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を睡眠時無呼吸症候群といいます。

眠りが浅いと、日中の眠気をもたらし、仕事の効率が悪くなったり、仕事中に突然眠気に襲われることがあります。

睡眠時無呼吸症候群が関与した交通・運輸事故の事例は多くあります。

また、長期にわたっていびきをかいていたり、無呼吸が続きますと高血圧、不整脈、心臓病、脳血管障害、糖尿病など生命にかかわる病気や生活習慣病を誘発したり、記憶力や思考力の低下をまねき日常生活に支障をきたしたりします。
習慣的にいびきをかいている人は一刻も早く治療を始めることをおすすめします!

睡眠呼吸障害といっても、軽症ないびきだけをかいているものから、命にかかわるような重症の患者さんもいます。
睡眠時無呼吸症候群は歯科でも治療できることがあります!
原因や症状によっては、当院でもマウスピースをつかった治療法をおすすめしてます。

睡眠時無呼吸症候群の主な治療法は、その原因や症状に応じて、内科的な治療から外科的手術まで、さまざまな方法があります。

20150530_02

マウスピースによる歯科装具を使用する方法
CPAP(シーパップ)と呼ばれる鼻マスクを通して陽圧空気を持続的に送る装置を使用する方法
扁桃腺や軟口蓋の肥大した部分を外科的に切除する方法などがあげられますが、比較的軽い症状であれば、携帯にも便利な治療方法として歯科治療でできるマウスピースによる治療法が有効な場合があります。

具体的な治療法として、寝るときに下の顎を少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを口に入れてお休みになる方法です。
この装置を入れることで、のどの気道(空気の通り道)がひろがって、いびきや無呼吸がなくなるのです。
舌を持ち上げ気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきをかかなくなります。

もし睡眠時無呼吸症候群に興味があったり、症状がある方はぜひ相談してみてくださいね。

歯科医師 筒井陽子

 カテゴリ:口呼吸, 睡眠時無呼吸症候群 and tagged , ,

鼻で呼吸していますか?

鼻には、吸い込んだ空気を浄化し、加温・加湿して肺に送る機能が備わっています。
人は本来鼻で呼吸することが大切です。

近年生活環境の急激な変化によりアレルギー疾患は増加傾向にあり、花粉症などのアレルギー性鼻炎による
「口呼吸」習慣者が増えているそうです。また、普段鼻づまりがなくても風邪や喫煙、歌唱、吹奏楽、激しいスポーツ、よく喋らなくてはならない職業も無意識のうちに口呼吸の癖がつくきっかけになるといわれています。

check

「口呼吸は万病のもと」といわれるほど、様々な病気との関連が示唆されています。

< 唾液が減少する>
口の中が乾燥するため、唾液による自浄、抗菌、緩衝、再石灰化作用などが失われ、虫歯、歯周病、歯の着色、口内炎、口臭などが発生しやすくなります。

<低位舌になる>=舌が上顎から離れ、舌の位置が下がる
正しい舌の位置は、上顎にペタッと接触している状態です。
口呼吸をすると低位舌になり、歯列不正を招きます。
歯列には頬や口唇による外側からの圧力と、舌による内側からの圧力がかかっており、歯は両者のバランスのとれた位置に並びます。
低位舌になると、上顎歯列は舌による圧力が失われ、外側から押されるだけとなり、V字型の狭いアーチになり、出っ歯凸凹、下顎とのかみ合わせも悪くなり左右にずらして咬む癖がつくと顔が歪んでくることもあります。
また、舌が沈下することで気道が狭くなり、イビキ睡眠時無呼吸症候群の一因にもなります。

< 免疫力の低下・異常が起こる>
喉の周辺には多くのリンパ組織(免疫組織)が存在していて、病原体の侵入を阻止しています。
口呼吸をすると汚染された空気が喉を直撃するため、リンパ組織が感染し十分に機能を果たすことができず、
免疫システムのバランスを崩します。
風邪、肺炎、免疫性疾患(関節リウマチなど)、アレルギー(アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎など)、全身倦怠、集中力の低下、うつ病、パニック障害、原因不明とされている病気(潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群など)までもが口呼吸と関係しているという報告もあります。 
参考文献: 「正しく鼻呼吸すれば病気にならない」 今井一彰著 河出書房新社

口を閉じて鼻で呼吸することは、生体を正常に機能させ健康維持につながります。
普段何気なく行っている呼吸ですが、鼻呼吸を意識してみましょう。
                           
歯科医師 代元巳弥

 カテゴリ:口呼吸