カテゴリ: 食いしばり

桜の季節の食いしばり

c42cb93e433ba35a0be6fc3079167fd9_s

こんにちは
皆さんお花見はしましたか?
今年の桜はあっという間に満開で、そしてあっという間に散ってしまいましたね!

ここ最近は桜の時期がどんどん早くなってきている気がするのは私だけでしょうか。

桜が咲き始めると、なぜか暖かかった春の陽気から急に寒くなるのも不思議ですよね。
今年は特に桜の咲いた1週間、真冬に逆戻りした様に寒かったですね~。
私もですが、皆さんは寒くなるとどうしても顎にチカラが入ってしまい…気づくと食いしばっているような事はありませんか??

寒い時の他に、重い物を持ち上げるなど力を入れたい時は噛みしめる事によって力が入るのでグッと噛む事もありますよね。
スポーツでは野球やゴルフの様にバットやクラブを振り下ろす時にグッと噛みしめるのがそれです。
一瞬で瞬発的に力を出したい時にはとても効果的かと思いますが、人はリラックスしている時は歯と歯が触れ合っていないのが正しい事はご存知ですか?
唇は閉じて、口の中では歯が当たっていないんです。
これを読んでくださっている今、ご自分の状態をチェックしてみてください。
食いしばっている方がいたら、それは悪い癖『悪習癖』と言えます。ご自宅でテレビを見たりしている時などもチェックできますね。

寝ている間の食いしばり、俗に言う歯ぎしりにもいくつか種類がありますが、いずれにしても歯ぎしりは止めたくても止められるものではありません。
その場合はナイトガードといったマウスピースで歯を守るなどの処置が必要になってくることもあります。
こういった歯ぎしりとは違い、先ほどの日中の食いしばりは少し気をつけるだけで改善される事ですので、心当たりのある方は自分でできる予防として是非やっていただきたいです。

現代は一回の食事で5~600回噛む(これは食生活の変化により、戦前の1400回に比べるとかなり減っていると言えますが…)と言われ、噛む回数は一生では2300万回以上とも言われています。
また、一度に噛む力は体重以上となる事もあり、その為に年齢を重ねると気付かないうちに歯に見えない亀裂が入っている事もあるんです。
歯には日々、食事だけでもそれだけの負担がかかっていると考えると、余計な力はかけず、これからも長く美味しく食事をする為にはますます歯を大切にしないと!と改めて思いますね!

歯科医師 豊島浩美

 カテゴリ:歯ぎしり, 食いしばり and tagged ,